flightsandadventures.com

こどもの教育費について

幼児や早期教育は常識 赤ちゃんの誕生は、家族にとってこの上ない喜びですね。家族が増えて幸せも倍増ですが、同時に、この子のためにしっかりしなくては、と気を引き締める方も多いのではないでしょうか。ひとり家族が増えたことによる支出増よりも、とくに気になるのが教育費です。こども一人につき、いったいいくら準備すればよいのでしょうか。

一般的に、「こどもひとり1000万円」と言われることが多いようですが、そうとも限りません。必要な教育費は、幼稚園から大学までの進路により大幅に変わります。たとえば幼稚園3年間でかかる学費だけ見ても、公立では平均約70万円に対し、私立なら約160万円と、その差は90万円もあります。この差は子どもが大きくなるとさらに広がり、大学4年間では国立文系が約240万円に対し、私立文系では約390万円、私立理系では約520万円になります。卒業までに6年間かかる医歯薬系ではさらに学費がかかり、私立大学の医科系では6年間で平均約2,360万円と、大きな差があります。

このように、一律1000万円というわけではなく、すべて国公立の場合は約750万円程度ですし、私立理系大学に進学すれば2000万円以上になります。それぞれの家庭の方針と、お子さんの希望する進路を考えて、計画的に必要な金額を貯蓄することが肝心ですね。

Copyright (C)2019幼児や早期教育は常識.All rights reserved.