flightsandadventures.com

教育にはある程度お金をかける必要があります

幼児や早期教育は常識 教育は、学校だけいかしていれば大丈夫というものではないです。校外での活動というものには、案外お金をかけているところは多いです。習い事であったり、塾というのが最たる活動です。本来なら、学校だけで十分な義務教育の時に、結構多くの校外での活動費というのが発生してきます。これが高校大学になるのであれば、又違ってきます。義務教育が終了した後のことなので、どれだけ費用がかかっても自分持ちというところはあります。でも、まだ小さいうちは、学校でフォローしてもらえると、育てていく上ではかなり助かってきます。

学校に支払う費用以外のほうが、多いのも実情です。勉強やそういった特殊な特技のような習い事だけでは子どもは大きくはなっていかないです。情操面や仲間意識、そしてルールを守るということも教えてもらえるのが、この学校の役割となってきます。これができるのは、やはり学校しかないです。他のところでは、勉強以外にもトータルでみてくれるようなところはないです。学習は当然大事になってきます。でも人間を育てていくのであれば、それ以外のところがもっと大事になってきます。将来国を背負っていく子どもたちには、もっと多くのケアがあって当然です。

Copyright (C)2019幼児や早期教育は常識.All rights reserved.